講演会・教養講座

神奈川県民の厚生活動を支援するため、参加費無料の講演会や教養講座を行っています。
※出演者のプロフィールは、開催日時点のものです。

防災セミナー「災害への備え、被災後の対処法~頻発する天災、そのとき逃げ遅れないために~」

講演内容

30年以内に70%の確率で起きると言われている首都直下地震。
職場、自宅、帰宅途中など、被災時に自身や家族がどういう状況にいるかはわかりません。ただ、「こういう場所ではこういう行動をとる」とシミュレーションしたり身近な人や職場で話し合ったりしておくことで、いざというときにとれる行動が変わり、命が助かる可能性も高くなります。
また、2019年秋に相次いで関東地方を襲った大型台風。
想定以上の被害に誰もが驚き、「他人事じゃない」という意識が高まっている方も多いのではないでしょうか。
食糧やグッズの備えももちろん重要ですが、「自分は大丈夫」という意識からの脱却、逃げ遅れないための意識づけ、被災してしまった後の適切な対処法を、地形の特性等も交えながら学びます。
講演と受講者参加型の簡易的な演習(グループ演習)を行い、知識だけに偏らず、自身で考え、意思決定し「その瞬間いのちを守る行動」を身につけます。

出演

高貝 正芳氏
一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN代表理事
危機管理及び防災関連の体験型プログラムの企画制作、実施を行う今注目の人気ファシリテーター。
阪神淡路大震災の自身の被災体験から学んだことを活かし、受講者に「いのち」と向き合うことを伝えている。

開催日時

2020年2月1日(土) 10:00~12:00(120分間)

会場

TKP横浜駅西口カンファレンスセンター ホールA
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 横浜谷川ビルディングANNEX B2階

定員

56名
※応募者多数の場合は抽選。

高貝 正芳氏

【令和元年度】※一般財団法人神奈川県教育福祉振興会と共催
本郷和人氏による講演会「関東の核としての神奈川 -鎌倉幕府・後北条氏-」

講演内容

地図帳を広げて関東地方を見ると、
神奈川は関東南部にあって中心とはいえない。
だが歴史的にみると
関東のムーブメントは神奈川県から起きている。
その状況と理由を考えてみよう。

出演

本郷和人
1960年・昭和35年、東京下町に生まれる。
1983年東京大学文学部卒業 
1988年東京大学大学院単位取得退学 史料編纂所に助手として入所 
同所助教授を経て、現在同所教授。『大日本史料』第五編、鎌倉時代の編纂を担当する。
1996年に『中世朝廷訴訟の研究』で博士(文学)号取得。
石井進と五味文彦に師事し、日本中世政治史においては当為(タテマエ、理想論)ではなく実情(ホンネ)を把握すべきとし、
清水三男の評価を通じて日本中世の「統治」のあり様に言及する著作を発表する。従来の権門体制論を批判し、東国国家論を唱える。
著書には『中世朝廷訴訟の研究』東京大学出版会、1995年 『新・中世王権論 武門の覇者の系譜』新人物往来社、2004年/文春学藝ライブラリー(文庫)、
2017年 『人物を読む日本中世史 頼朝から信長へ』講談社選書メチエ 2006年 などがあり、昨年は『日本史のツボ』文春新書が話題となった。

開催日時

2019年12月22日(日) 14時~15時30分

会場

はまぎんホール ヴィアマーレ

定員

500名

本郷和人

【令和元年度】
KAAT神奈川芸術劇場「常陸坊海尊/ひたちぼうかいそん」(県内高校生対象)

公演内容

長塚圭史が戦後を代表する劇作家・秋元松代の最高傑作に挑む!
『近松心中物語』などで知られる戦後を代表する劇作家・秋元松代の最高傑作といわれている伝説の戯曲『常陸坊海尊』。
荒唐無稽ともいえる東北の貴人伝説を背景に、戦中戦後の学童疎開、人間の”生“や
“性”、格差や差別といった問題を描いた本作が、長塚圭史演出により、出演の白石加代子との初タッグにて復活します。

演出・出演

【作】秋元松代
【演出】長塚圭史
【出演】 白石加代子 中村ゆり 平埜生成 尾上寛之
長谷川朝晴 高木稟 大石継太
明星真由美 弘中麻紀 藤田秀世 金井良信 佐藤真弓 佐藤誠 柴一平 浜田純平 深澤嵐
大森博史 平原慎太郎 真那胡敬二
<子役> 山崎雄大 白石昂太郎 室町匠利 木村海翔 藤戸野絵

開催日時

2019年12月 8日(日)、2019年12月15日(日)、2019年12月21日(土)

会場

KAAT神奈川芸術劇場[横浜市中区山下町281

定員

県内高校生150名

【令和元年度】
KAAT神奈川芸術劇場「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~」(県内高校生対象)

公演内容

KAATとケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が初タッグ!
「失踪者」「審判」「城」に続く、カフカ4作目の長編小説の遺稿が発見された!?
そして、誰も知らない「カフカ未発表長編」が舞台化されたら?
KERAが書き下ろす最新作に多部未華子、瀬戸康史、音尾琢真ら
豪華キャストが集結!

演出・出演

【作・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【出演】
多部未華子 瀬戸康史 音尾琢真 大倉孝二 村川絵梨
谷川昭一朗 武谷公雄 吉増裕士 菊池明明 伊与勢我無
犬山イヌコ 緒川たまき 渡辺いっけい 麻実れい

開催日時

2019年11月8日 11月17日 11月23日

会場

KAAT神奈川芸術劇場

定員

高校生150名

ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~

【令和元年度】
KAAT神奈川芸術劇場ミュージカル「怪人と探偵」(県内高校生対象)

公演内容

大怪盗・怪人二十面相と名探偵・明智小五郎。江戸川乱歩が生み出した、日本文学史上、最も有名な二人を主人公が華麗に対決をする新作ミュージカル『怪人と探偵』。日本を代表する作詞家で、ミュージカル界でも活躍著しい森雪之丞が作・作詞・楽曲プロデュースを手掛け、常に注目の的である白井晃が演出。作曲はWEAVERの杉本雄治。
主演は、ミュージカル・スターの中川晃教と加藤和樹。女優・歌手として絶大な支持を集める大原櫻子はヒロインを務め、個性的な実力派キャストが競演する。
東京スカパラダイスオーケストラの心躍るテーマ曲にのせ、極上のエンターテイメントの幕が開く!

出演

中川晃教 加藤和樹 大原櫻子
水田航生 フランク莉奈 今拓哉 樹里咲穂
有川マコト 山岸門人 中山義紘 石賀和輝
高橋由美子 六角精児

齋藤桐人 石井雅登 碓井菜央 菅谷真理恵 大久保徹哉 咲良
茶谷健太 加藤梨里香

開催日時

2019年 9月21日 9月22日 9月27日

会場

PARCO/KAAT神奈川芸術劇場/アミューズ/WOWOW

定員

高校生150名

【令和元年度】
「プログラミング教室」(県内小学生対象)

講座概要

3種類のコンテンツを体験できる総合プログラミング体験講座。
ビジュアルプログラム、ロボットプログラム、ドローンプログラムをテーマパークのように参加できる学習型イベントを開催しました。
2時間の講座時間中に3コンテンツを体験していただきました。

開催日時

2019年 8月3日

会場

TKPガーデンシティPREMIUMU横浜西口

定員

小学生1名+保護者2名までを1組とした、30組90名(午前午後計60組180名)

【平成30年度】※一般財団法人神奈川県教育福祉振興会と共催
野村 忠宏氏による講演会「折れない心」

出演

(講師)野村 忠宏 氏(柔道家)

1974年、奈良県生まれ。天理大学、奈良教育大学大学院を経てミキハウスへ。アトランタオリンピック、シドニーオリンピックで2連覇を達成。
その後、アメリカへ留学。2年のブランクを経てアテネ五輪代表権を獲得し、2004年アテネオリンピックで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人
初となるオリンピック三連覇を達成する。その後、たび重なる怪我と闘いながらも、さらなる高みを目指して現役を続行。2015年、全日本実業柔道個
人選手権大会を最後に、40歳で現役を引退。
天理高校、天理大学、奈良教育大学大学院教育学研究科修了、弘前大学大学院医学研究科修了・医学博士号取得。
奈良県民栄誉賞1996年、銀杯一組(菊紋)2000年、紫綬褒章2004年、文部科学大臣顕彰・特別表彰2004年、JOCスポーツ賞1996年優秀賞・
2000年特別栄誉賞、大阪府知事賞詞、大阪スポーツ大賞2004年、奈良県知事表彰・奈良県議会表彰2004年、天理市民栄誉賞2004年、全日本
実業柔道連盟功労賞2005年、その他各種スポーツ賞等の受賞多数

【平成30年度】
(振興会×NHKエデュケーショナル)
「親子であそいく in 川崎」(0歳児から参加可能)

出演者

きよこ

幼少よりクラッシックバレエをはじめ、15歳よりミュージカルなどの舞台を中心に活動。
ダンサーとしても数々の舞台に出演。1999年よりNHK Eテレ『おかあさんといっしょ』の身体表現コーナー「デ・ポン!」のおねえさんとして出演後、2005年からは『あそびだいすき!』のおねえさんとして出演。
明るく親しみやすい人柄で、こどもから大人まで幅広い世代に親しまれている。‘親子’をテーマとした活動に力を注ぐほか、テレビや舞台出演などで活躍の場を広げている。

タニケン

タニケン

2011年よりNHK Eテレ「フックブックロー」にけっさくくん役として出演。2014年から歌手活動を本格化。TOKYO MXで放送中のキッズアニメ「ジェリージャム」の主題歌・挿入歌を担当。また、2018年公開の映画「名前」の主題歌「光」は直木賞作家の道尾秀介との共作曲。全国各地でファミリーコンサートやアコースティックライブを行うかたわら、野外音楽フェスにも多数出演し活動の場を広げている。

開催日時

2019年 1月12日

会場

麻生市民会館

定員

1000名

【平成30年度】福岡伸一氏による講演会「フェルメールと生命論」

演題「フェルメールと生命論」

画家のフェルメールや、顕微鏡の父・レーウェンフックが生きた17世紀は、科学も、芸術も、哲学もまだ未分化で、同じ夢を見ていた時代。デカルトもパスカルも同時代の人物。その後、私たちは豊かさを求めデカルト的な思考をより先鋭化し、レーウェンフックの「世界を分けて記述する方法」をより加速し、それが「文明」の進むべき道だと考えた。その果てに私たちの「今」がある。
 現在、私たちの周りには生命操作を巡る様々な議論がある。遺伝子組み換え、クローン技術、iPS細胞、臓器移植……。これらを可能とする先端技術の通奏低音には、「生命とはミクロな部品が集まってできたプラモデルである」という見方、すなわち機械論的生命観がある。
 ルドルフ・シェーンハイマーは、生命が「動的な平衡状態」にあることを最初に示した科学者だった。私たちが食べたものの分子は、身体を構成する分子と絶え間なく 交換されつづけている。つまり生命とはプラモデルのような静的なパーツからなりたっている分子機械ではなく、パーツ自体のダイナミックな流れの中に成り立っている効果そのものなのである。
フェルメールとレーウェンフックにまつわる大胆な仮説を入り口に、17世紀という科学と芸術の分岐点に今一度立ち返り、損なわれたものを回復するための契機を探っていく。

出演者

福岡伸一(ふくおか しんいち)

福岡伸一(ふくおか しんいち)
撮影:阿部雄介

福岡伸一(ふくおか しんいち)
生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て青山学院大学教授・米国ロックフェラー大学客員教授。
サントリー学芸賞を受賞し、80万部を超えるベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)など、“生命とは何か”を動的平衡論から問い直した著作を数多く発表。ほかに『世界は分けてもわからない』(講談社現代新書)、『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『変わらないために変わり続ける』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)など。対談集に『動的平衡ダイアローグ』(木楽舎)『センス・オブ・ワンダーを探して』(だいわ文庫)、翻訳に『ドリトル先生航海記』(新潮社)『生命に部分はない』(講談社現代新書)などがある。近刊に『新版 動的平衡』(小学館新書)、『福岡伸一、西田哲学を読む―生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一』(明石書店)。6年ぶりのシリーズ最新刊『動的平衡3』(木楽舎)を2017年12月に刊行。
また、大のフェルメール好きとしても知られ、世界中に散らばるフェルメールの全作品を巡った旅の紀行『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、朽木ゆり子氏との共著『深読みフェルメール』(朝日新書)を上梓。最新のデジタル印刷技術によってリ・ クリエイト(再創造)したフェルメール全作品を展示する「フェルメール・センター銀座」の監修および、館長もつとめた。
2015年11月からは、読書のあり方を問い直す「福岡伸一の知恵の学校」をスタートさせ、校長をつとめている。

開催日時

2018年 12月23日

会場

はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区)

定員

500名

【平成30年度】
KAAT神奈川芸術劇場公演「華氏451度」(県内高校生対象)

公演内容

【原作】レイ・ブラッドベリ
【上演台本】長塚圭史 【演出】白井晃 【音楽】種子田郷

白井晃×長塚圭史が、SF小説の金字塔の舞台化に挑む!
華氏451度――この温度で書物は燃える――。
徹底した思想管理体制のもと、書物を読むことが禁じられ、情報は全てテレビやラジオによる画像や音声などの感覚的なものばかりで溢れている近未来。そこでは本の所持が禁止されており、発見された場合はただちに「ファイアマン」と呼ばれる機関が出動して焼却し、所有者は逮捕されることになっていた。そのファイアマンの一人であるモンターグは、当初は模範的な隊員だったが、ある日クラリスという女性と知り合い、彼女との交友を通じて、それまでの自分の所業に疑問を感じ始める。モンターグは仕事の現場から隠れて持ち出した数々の本を読み始め、社会への疑問が高まっていく。そして、彼は追われる身となっていく・・・。
フランスのトリュフォー監督により映画化されたことでも有名なアメリカのレイ・ブラッドベリのディストピア小説の舞台化が遂に実現します!
★詳しくはこちら★

出演

吉沢悠 美波  堀部圭亮 粟野史浩 土井ケイト 草村礼子 / 吹越満

開催日時

2018年 9月28日

会場

KAAT神奈川芸術劇場

定員

高校生 1000名

【平成29年度】
(振興会×NHKエデュケーショナル)「親子であそいく」(0歳児から参加可能)

内容

NHK Eテレ等で活躍するたにぞう氏、きよこさん、タニケンさんと一緒にあそぶイベント!

出演

たにぞう氏、きよこさん、タニケンさん

開催日時

2018年 2月24日

会場

伊勢原市民会館

【平成29年度】※一般財団法人神奈川県教育福祉振興会と共催
池谷 裕二氏による講演会「脳を知って脳を活かす」

出演

池谷 裕二
東京大学・薬学部・教授
1970年生まれ。1998年に東京大学にて薬学博士号を取得。
2002~2005年にコロンビア大学(米ニューヨーク)に留学をはさみ、
2014年より現職(東京大学薬学部教授)。
専門分野は大脳生理学。
とくに海馬の研究を通じて、脳の健康について探究している 。
文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2008年)、日本学術振興会賞(2013年)、
日本学士院学術奨励賞(2013年)などを受賞。
著書に『海馬』『記憶力を強くする』『進化しすぎた脳』などがある。

開催日時

2018年 2月18日

会場

はまぎんホール ヴィアマーレ

【平成29年度】北澤 豪氏による講演会「スポーツの持つ力」

内容

サッカー解説者として活躍する一方、障がい者スポーツの認知度と理解を広げるための社会貢献活動もしている北澤氏が、様々な経験を基に自身の体験したエピソードやスポーツの素晴らしさを語りました。
また、パラリンピック正式種目のブラインドサッカーなどの障がい者スポーツについて、その魅力と可能性と未来についてもお話ししました。

出演

北澤 豪

開催日時

2017年 11月19日

会場

はまぎんホール ヴィアマーレ

【平成29年度】
KAAT神奈川芸術劇場公演『オーランドー』(県内高校生対象)

公演内容

【作】ヴァージニア・ウルフ 
【翻訳】小田島恒志、小田島則子
【演出】白井晃

白井晃演出で待望の日本初演!
時と性を超えるヴァージニア・ウルフの傑作を舞台化!!
一夜にして女性へと変貌し、時を超えて真実の愛を追求する、
美貌の青年貴族オーランドーに多部未華子が挑む!
共演者も時には男性として、時には女性としてオーランドーの数奇な運命の中で巡り合う!
小日向文世はエリザベス女王で登場!
★詳しくはこちら★

出演

多部未華子、小芝風花、戸次重幸、池田鉄洋、野間口徹、小日向文世

開催日時

2017年9月~10月

会場

KAAT神奈川芸術劇場

定員

500名

【平成28年度】
羽田 圭介氏による講演会「更新される記憶により書き換えられる個人の意識」

出演

©文藝春秋

1985年東京都生まれ。
明治大学付属明治高校在学中の2003年に『黒冷水』で第40回文藝賞を受賞し、小説家デビューする。
2015年『スクラップ・アンド・ビルド』で第153回芥川賞受賞。
他の著書に、『走ル』『メタモルフォシス』などがある。

開催日時

2017年 3月5日

会場

はまぎんホール ヴィアマーレ

定員

500名

羽田 圭介氏

【平成28年度】
(振興会×NHKエデュケーショナル)「コンドルズの“からだ遊び”って面白い!」(0歳児から参加可能)

内容

近藤良平氏が主宰するコンドルズが出演しダンス、生演奏、人形劇、映像、コントを繰り広げ、会場は老若男女大盛り上がり!

出演

近藤 良平氏
近藤 良平氏
(©HARU)

ファミリープログラム 「遊育プロジェクト コンドルズの“からだ遊び”って面白い!」

開催日時

2017年 1月21日

会場

横須賀市文化会館 大ホール(神奈川県横須賀市)

コンドルズの”からだ遊び”って面白い!

【平成28年度】
KAAT神奈川芸術劇場公演「KAAT the ツアー」

内容

『KAAT the ツアー』は、参加者自らが劇場中に隠されたヒントを見つけ出して謎を解き、「何か」を探す劇場体験型ナゾ解きゲームです。
暗号を解きながら普段は入れない秘密の場所に立ち入ったり、客席・ホワイエから舞台裏まで、劇場中を歩きまわり、ナゾ解きに大変盛り上がりました!
★詳しくはこちら★

開催日時

2016年 8月

会場

KAAT神奈川芸術劇場

zonbi

【平成28年度】※一般財団法人神奈川県教育福祉振興会と共催
齋藤 孝氏による講演会「人間関係をつくるコミュニケーション力」

開催
斎藤孝氏
1960年静岡生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士課程を経て現職。専門は、教育学、身体論、コミュニケーション技法。

【平成27年度】
(振興会×NHKエデュケーショナル)「みんなであそいくブンバ・ボーン」(0歳児から参加可能)

内容

子ども時代は、’動き’を楽しく自然にを身につけられる一生に一度だけの最適期です。「遊び」には将来に向けて身につけておきたい36の基本動作や、コミュニケーション能力を育む要素が詰まっています。NHKエデュケーショナルが提唱する“遊育(あそいく)”は、「からだを使った遊び」を通して、子どもたちの健全な心と体を育み、明るい未来に導くことを目的としています。
多くの親子が来場し、終始にぎやかに歌って踊って大いに盛り上がりました。
ファミリープログラム 「遊育プロジェクト みんなであそいく ブンバ・ボーン」

開催日時

2016年 3月

会場

かなっくホール

asoiku_detail_img

【平成27年度】※一般財団法人神奈川県教育福祉振興会と共催
為末 大氏による講演会「ハードルを越える~自分と向き合う方法~」

為末 大氏開催:2016年2月
25年間の競技人生の中で、困難に向き合いながら、変化し続けることの大切さや自分の動機を湧き立たせることを学んだ為末氏が、
コーチをつけず自分自身をマネジメントしてきた経験を講演しました。
当日は手話通訳がつきました。

【平成27年度】
鳥越 俊太郎氏による講演会「がんとの上手な付き合い方」

鳥越俊太郎開催:2015年10月
ニュースの職人として様々なメディアで活躍する中、ステージ4の大腸がんが発覚。肺や肝臓への転移を経て、4回の手術を行った自身の経験をもとに、「がんを患ってもポジティブに生きることができる」と自身の経験をふまえて講演しました。
当日は手話通訳がつきました。

【平成27年度】
KAAT神奈川芸術劇場公演「わかったさんのクッキー」

201507kouen_img011開催:2015年7月
児童書「わかったさんのクッキー」を現代演劇の旗手、チェルフィッチュ・岡田利規が、こどものためのお芝居に!現代美術家・金氏徹平の手がけるユニークな舞台美術や、シンガーソングライター・前野健太の手がける音楽も見どころ。
自由な発想と、個性的なキャラクターにあふれた舞台は、新たな視点でこどもの感性を刺激しました。
★詳しくはこちら★

【平成26年度】※一般財団法人神奈川県教育福祉振興会と共催
森永 卓郎氏による講演会

開催:2015年2月

【平成26年度】杉山 愛氏による講演会「夢をかなえる力」

aisugiyama開催:2015年1月
15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝き
世界一の連続出場記録をもつ“鉄人”であり続けることができた理由や、コミュニケーション能力に支えられたアウェーをホームに変える方法など、世界の第一線で戦い続けることを可能とした秘訣を語りました。
当日は手話通訳がつきました。

【平成26年度】
県民教養講座「東西落語~江戸と上方の違いを探る~」

東西寄席開催:2014年11月
日本の伝統芸能! 江戸(関東)と上方(関西)の寄席!そしてクロストーク!
出演者:三笑亭 夢太朗(さんしょうてい ゆめたろう)
笑福亭 鶴光(しょうふくていつるこ)
柳家 喬之助(やなぎやきょうのすけ)
笑福亭 喬若(しょうふくていきょうじゃく)

日本の伝統芸能である落語は、上方(関西)と江戸(関東)でそれぞれの発展を遂げてきました。
当教養講座では、それぞれの見どころや違い等を寄席とクロストークにより解説しました。

上方(関西)と江戸(関東)の違いを存分にお楽しみいただきました!

【平成26年度】
KAAT神奈川芸術劇場公演「こどもとおとなのためのお芝居 暗いところからやってくる」

暗いところからやってくる開催:2014年7月
県民教養講座「こどもとおとなのためのお芝居 暗いところからやってくる」
第19回読売演劇大賞ではグランプリを受賞し、幅広いジャンルで活躍中の劇作家・演出家 前川知大(劇団イキウメ主宰)と、第21回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した気鋭の演出家・小川絵梨子。
今、もっとも注目されるコンビが描き出す、私たちと隣り合わせの異界。こどもとおとなが一緒に楽しめる、どこかちょっと懐かしい、夏休み最後の三日間のおはなしです。
★詳しくはこちら★

平成25年度